ロゴ

会社沿革

HISTORY
邦友テック株式会社 北京邦友科技開発有限公司
1999年 10月
中国清華大学構内に3DCAD開発研究室を開設(中国北京方圓研究所) 
2001年 10月
北京邦友科技開発有限公司 設立(元中国北京方圓研究所)
2002年 10月
包装設計用Plug-Inソフト「FoldUp3D!」を開発
2003年 6月
包装業界ソフト「Box-Vellum」中国語版を開発・発売
2004年 9月
日本向け基幹システム受注をスタート
2006年 4月
CMM3の社内研修実施
2007年 5月
車載システムのオフショア開発を一部スタート
2007年 10月
CATIA+DBオフショア開発を実施
2008年 4月
車載製品の画像処理開発に着手
2008年 5月
中国の大学との提携コンサルティングプロジェクトをスタート
2009年 4月
 中国での市場調査業務実施
2009年 9月
 車載組込みシステムのオフショア開発をスタート
2010年 8月
 
 
日本自動車部品メーカー/中国自動車メーカー間の提携コンサルティング業務を実施
2012年 1月
 中国市場向け車載製品試作品委託開発をスタート
2012年 9月
邦友テック株式会社 設立(コムネット株式会社より元ソフト部門を分社化)同月、北京邦友科技開発有限公司を子会社化 
 
2013年 8月
中国市場向け小規模車載通信システム委託開発
2014年 1月
名古屋開発センター起動(車載組み込みシステム上流開発業務請負開始) 
2014年 3月
邦友アシスト株式会社 設立 
2015年 10月
常州アドヴィックスでの中国自動車メーカーの開発案件・プロジェクトに参加
2016年 10月
awの開発案件に参加
2017年 6月
子会社のアシストを吸収合併し、資本金を1000万まで増資